プログラミングメモ

 機械学習をガスガス進めようとしていたのですが、どうも上手くデータが作れない。サンプルデータだけなら、まぁ言ってしまうとSVCとかのオブジェクトを作ってfitしてpredictしたらなんか作ってくれよるみたいな感じなんですけど、自分でデータが作れない。この辺はなんかひどい間違いがあるんだろうなぁと思うけど、今のところよくわからないので、早く直せることを祈っている。というか、何個か作りたいものを考えてうまいこと出来るタイイングを待ちたいと思います。

 

 で、最近読んでいる本が「なっとく!アルゴリズム」って本なんですが、これがパイソンでプログラミング例が書かれていて勉強になる。ソートとかのやり方ってこうなんだというのを読むのはかなり勉強になる。で、今日書いていたのでへぇと思ったプログラミングがあったので、メモしておこうと思う。ソートのプログラミングなのですが、以下のようになっていました。

def quicksort(array):
    if len(array) < 2:
        return array
    else:
        pivot = array[0]
        less = [i for i in array[1:] if i <= pivot
        greater = [i for i in array[1:] if i >pivot]
        return quicksort(less)  + [pivot] + quicksort(greater)

こんな感じで今作っている関数なのに中に入れて行けるのかぁとびっくりしました。なんかこの本ではプログラミングはメモ程度ということが書かれていたので動かないのかなと思ったのですが、動かしてみると動きました。なんというか凄いなぁ。勉強になります。

なっとく!アルゴリズム

なっとく!アルゴリズム

参考にしているブログを見ていると

 どうも弱気に転じている人が多いですが、相場は案外底堅くも見えます。藤戸さんは今のところアクセル踏み込んで、4月の外人買いにぶつけろみたいな感じのレポートでした。これもま、高値圏という意見には変わりありませんな。でも5月まで持つかなぁという論調には賛同しかねる私。でも相場強い。案外弱気派が増えているということは、一段の上昇もあり得るのかなとも思いますが、どふなることでしょう?先行きが楽しみです。一先ずはポジは維持で、上がれば売りたいところです。

週報

·恒例の花粉症はじまりました

·娘がとうとうあるきはじめました。一人目より2か月ほど遅いです。あとよく食べます。

·不愉快な場所からは遠ざかりましょう。時間の無駄です。

·やり手やなと思う人は行動に移します。見習いましょう。