40で無職になったおっさんのブログ

40歳にして無職になってみました。

全てが裏目なわけ

退職後アッパーカットで打ち抜かれている

さて、ここのところのブログで株も下がり、仮想通貨も下がり、そして大部分は宙ぶらりんとなったという話を書きました。

 

退職直後についていないななんて思われるでしょう。そんな調子に乗って会社辞めるからやみたいなことも思われるでしょう。しかし、それは違います。大胆に言ってしまうと「会社を辞めた後だからこそそんなことが起こりやすい」ということです。

 

断っておきますと、これは何かをやりたくて慎重に準備して辞めるような計画的なお話には当てはまりません。長く働いたしちょっとお金もあるし、今後もやっていけそうやし辞めようというようなケースに当てはまることかもしれません。あと偶発的に首になったケースも当てはまりません。あくまで自発的なというところかもしれません。

 

そのわけと解決法

簡単に言ってしまうと、うまくいっていた後なので当然、下り坂が待っているということです。人生山あり谷ありです。これまで儲かっていたのは実力ではないのです。そして偶々、タイミング悪く(これも必然ですが)その儲かっていた環境が変わってしまったのです。このような場合どうすればよいでしょうか?

 

多分最悪なのは自分はあっているともがくことでしょう。もがいているとそのうちおぼれて死んでしまいます。これは避けないといけません。ベストなのはその環境にあった稼ぎ方を見つけることです。これは難しいけど、いろいろと試してみる価値はある。色々と調査すること、そして試すことにより可能となります。ベターなのは環境が落ち着くことを待つことです。そうすることにより、落ち着いた環境で通用していた方法が使えるようになります。

 

何故かというところをもっと簡単にすると、絶頂であるところで辞めたということです。で、今はその下り坂です。その下り坂は永遠に下り続けるのかもしれませんが、そうであるなら、対策を早くから考えようということです。

 

読み違いは直す必要がある

もともと私は、世界の景気にもっと大きな追い風が吹くと考えていました。そして日本にもインフレな風がビューンと吹くのではないか。そうすると以前いたポジションよりも、株式による資産の運用ができる立場の方が人生の期待リターンが増える可能性が高いということを考え、清水の舞台から飛び降りたのでした。新しいことにもチャレンジできるし、期待リターンも増える。これ以上良いことはないなんて思いましたが、株式市場に関しては現状認識を変更しなければならないかもしれません。

まぁ人間万事塞翁が馬という言葉もありますので、何でもよい方に向けていきたいですね。

 

というわけで、失業ブログ+これまでの経済、仮想通貨、プログラミングブログというのがこのブログのコンテンツとなっていきそうです。

40で退職

昨年の12月末に会社を辞めました

昨年12月末にこれまで17年くらい働いてきた会社を退職しました。40歳になる日に退職届を出し、有休を消化するわけでもなく、最後まで働かされて退職しましたが、これまでそれよりひどい扱いを見てきたのと、とりあえず早く辞めたいという私の要望もあったのでまぁこんなものでしょう。

 

辞めた理由に関しては、"Your time is limited. So don't waste it living someone else's life."というジョブズの言葉を実践するタイミングかもしれない。そして、それをやるにはなんだかんだ言って今より若い時は自分にとってはないということでした。まぁあと10進法で40ってきりが良いからでした。そう、魔の厄年が控えているなんてあの日の私は知らない良い時代でした。

 

厄年始まる

年が明けて厄年が始まると、いきなりインフルエンザになりました。これまでの私の経験上、節々が痛くなったらインフルエンザというのがあったのですが、痛くなかったの普通の風邪かと思っていたら、そうではありませんでした。私は毎年、インフルエンザにかかっているので、そのしんどさは知っているつもりでした。しかし、それは薬を処方されたうえでの苦しみであり、本当の苦しみではありませんでした。

 

薬なしのインフルエンザは、本当にしんどく、熱が下がっても体のダメージがなかなか抜けませんでした。ああ、しんどい。本当は年明けから株の取引き頑張ろうと思っていたのに。

 

その後、株を始めると、いきなり株式市場が大崩壊しました。まだ高値から10%しか下がっていませんので、もう少し調整には時間がかかるでしょう。多分。

そしてちょっと前に触れたように、決算前乗りプレイをしてストップ安も引きました。

 

また、時間は前後しますが、コインチェックに仮想通貨を大量に置いておくという失態もあります。13日からは日本円の引き出しが可能になるそうですが、仮想通貨に関してはいつになるかわからないようです。

仮想通貨の含み益に関してはないものとして生活していますが、帰ってきてくれたらうれしいなー。

 

インチェックに関しては管理が甘かったとか言われていますが、自分も仮想通貨を始めた当初はウオレットとかたくさん使ってやっていましたが、いつの間にやら日本は大丈夫というわけのわからない論理で、放っておいてたので、自分もそんなこと言える立場ではないなというのが結論です。連続的なぬるま湯思考を捨て、タレブさんのような思考ができるようにならないといけません。

 

ぬるま湯からの脱却と

退職したことにはぬるま湯から脱却しないと自分がだめになるという感覚もありました。そして昨今のいろいろな出来事は、これまでのぬるま湯思考をあざ笑うかのようです。

 

最近プログラミングや仮想通貨の世界を覗き見ましたが、進歩が速い。そのような世界と進展の凄く遅い世界の両側を見ていると、どうしても早い世界に足を突っ込んでみたくなります。展開の早い世界で何ができるのか、一つのことをやっているだけでは生きていけないと思いますが、リスク管理をしっかりとしていろいろと試みていたら何か当たりが見つかるかもしれません。

 

だらだら生きているくらいなら、バイトでも何でもして食いつなぎながら生き延びることを目指すのした方が良いのかもしれない。そんなことも思いました。

 

働いていた12月の保険料が収められていなかったり、保険料が高かったり、税金を取られたりと、無収入ながらお金が出ていくことばかりが続いていますが、頑張って子供二人を育てていけたらよいなぁと思います。

 

実際ぬるま湯から出てみると、世の中の自由さと厳しさの両方を実感しています。

未知の世界に向き合った楽しさ、この感覚は大事に持って、無職ブログの開始を高らかに宣言したいと思います!

 

またこっぴどくやられる

退職してはや一カ月、色々と忙しいが収入がないので、株でも始めて見るかと、ネット証券に口座を申し込み、取引を開始しました。しかし、投資環境は大荒れ。現物株の売買から慣れようと思って始めましたが、買いばかりでやってたら結構な勢いでやられました。イヤー株って怖い。

 

まぁもともとトレードは苦手なので、エッジはないなぁと思っていたのですが、やってみると思っている以上にスカッと負けました。

 

あとちょっと実験的に売り買いかましてみたいなこともやってみましたが、こちらの方はまぁまぁうまくいきましたが、買いのやられから見ると雀の涙程度でした。ロングショートのロジックをしっかりと組み立てられたらそれなりに面白いかもしれません。仕事では関連性の高いものの回帰を狙ったものをやっていましたが、タレブさんを見習う身としては相関の切れるところに飛び込んでいきたいところ。

 

オプションの買いが爆益だったみたいですが、600円安の後の1500円安とかは凡人なのでアウトオブ眼中でした。オプション順張りの人は今年分の利益が多分そこで出た感じでしょうなぁ。私が目指したいトレードもそのような場面でガスっととって、あとはチョロチョロという感じですので、やはりオプションは練習しておかないといけないなと思いました。

 

そのほかは、これまでの利益の源となっている決算プレイですね。これをまぁ頑張っていこうかという感じです。決算は全部見たりしているのですが、この辺りを自動化するのが、効率を上げるためには一番良さそうですね。

 

とその前に、はんなりpythonの資料も作らないとだめだなぁというか、仕事辞めてから忙しすぎてプログラミングをあまりやってないので、もう忘れてしまいそうでやばいです。VPSも12月以降見ていないような。