idea

Ethereum = 投資銀行 Ripple = 商業銀行 みたいなイメージかな。

オルトコント(AltCoin オルト、アルトって言っている人のほうが多いけど、ここではオルトにします)は何かという話を聞かれました。そういえば、ブログでもそれを書いていないことに気づきました。これまでの仮想通貨は2つに分かれていました。ビットコイ…

つれづれ

オルトコインへの資金流入は止まらず、ビットコインの仮想通貨に占めるウェイトは60%を割り込んだようです。この辺の動きは何なのかという話ですが、分かりません。 一つだいぶん前に考えたのは、お金遊びから本来のブロックチェーンの目的である、プラット…

Cryptocurrency Market cap Historical

昨日あげた表では分かりにくいと思い、朝の電車で作り直しました。ALLは仮想通貨全体の時価総額、その横は前の値からの変化率、BTCはビットコイン、Altはビットコイン以外、BTCweightは全体におけるビットコインの割合。currenciesはサイトに掲載されている…

仮想通貨全体の時価総額とビットコインのウェイト

ちょっと最近、zcashを調べていてそれを勉強会で話そうかなんて思って資料を作っていたら、興味深いかもしれない資料ができたので、ブログを更新しておきます。 これは前回も紹介したCryptoCurrency Market Capitalizationのページのヒストリカルを使って、…

今大丈夫なら永遠か?

下の記事やら他の人達も中国は大丈夫ってのが最近のブームのようです。中国が危ないなんて言っているのは日本人だけみたいな感じですが、少なくともブルームバーグのニュースでも中国ヤバいって言われています。 www.nikkei.com グーグル様によるwealth mana…

愛は禁物

愛の対象は多い。人、二次元、時計、電車。 今日話すのは投資商品に関する愛です。一途な愛はときに叶わず、悲惨な結末に終わります。惚れ込んだ銘柄に裏切られた際に生じるのは、憎しみです。お前なんかに出会わなければよかった、早く僕の前から消え去るん…

日本企業の決算動向

決算をチョロチョロ見るようにしています。これまでは2月期決算銘柄が決算発表を行っていました。そこで注目されるのは、言うまでもなく今期の見通しです。私が見た感じではかなり良いところが多いですね。これを企業が楽観的すぎると警戒すべきか、見通しは…

仮想通貨関連ニュース

ビットコインがビックカメラで使えるようになるの巻 今週株屋の東スポ、日経新聞を読んでいたら下記のような記事がありました。 www.nikkei.com 電気屋さんがビットコインを使えるようにするということです。これを読んでこれでインバウンドが盛り返すシナリ…

Ubuntuのインストールに2日費やす

やっぱLinux使わんとなぁみたいな話をよく聞きました。しかしWi-Fiをキャッチするのにハマるとか、何かとハマったら1週間かかるとか、いろいろな話を聞いていたので避けてきました。しかし、「入門者のLinux」という本を読んでいたらマックでは出来ないとこ…

辞書包括表記

少し前に2重の内包というのにふれた。ここでeffective pythonで知ったと書いていたけど、今日python3入門を見てたらそこにも書いていた。つまりpython3入門は2回読んだはずだったのに知らなかったということだ。 本日取り上げるのは辞書内包表記というもので…

おすすめの一冊

新人という名の未来の私の上司に本をすすめることが流行っているようなので、一冊おすすめしてみる。そう一冊。私もあなたも忙しい。だから一冊。 「ない仕事」の作り方 作者: みうらじゅん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/11/24 メディア: 単行本…

マネーショートを見た

「ビッグショート」という本は読んだことがあるのだけれど、それがマネーショートというタイトルで映画になっていたようで、なんだか昨日ETFバブルとかあるよねって話をしたり、いろんなローンが高水準とかいう話をしていたら、100円でアマゾンがレンタルさ…

二重の内包

内包表記が依然として上手く使いこなせない。すぐにforに逃げてしまう。エクセルで使ってたせいか、なんか簡単に思える一方、forで3,4行のものが内包表記では1行で終わってしまうのは素晴らしいと思う。 最近本を読んでいて知ったのですが、内包表記は二重に…

とりあえず

銘柄研究を再開すべく四季報CDROMを年間契約しました。再び頑張って今年のリターンが20%に届くよう頑張ろうと思います。 保有株はないので相場がどちらに行こうと安心ですね。上に行って儲けるチャンスが有るもよし、下がって割安に買えるチャンスが有るも…

株式市場メモ(3月3週)

・ポジションはそのまま。依然として全部売り切らずに20%ほどのポジションを保持。今週中に全部刈り取ろうかなと思う ・考えられる株の経路としては①利上げで上昇、②他のリスク発生で下げ。 ・日経平均のチャートを見ていると上抜けが近そうな形状。 ・強気…

TOMTOM

去年か一昨年にスマートウォッチを買いました。それまでは時計なんて携帯でええがなスタイルを取り続けていましたが、時計を実際はめてみると腕を少し動かすだけで時間が分かるというのは、案外便利である局面が多く「いやぁ、時計って素晴らしいなぁ」と思…

プログラミングメモ

機械学習をガスガス進めようとしていたのですが、どうも上手くデータが作れない。サンプルデータだけなら、まぁ言ってしまうとSVCとかのオブジェクトを作ってfitしてpredictしたらなんか作ってくれよるみたいな感じなんですけど、自分でデータが作れない。こ…

参考にしているブログを見ていると

どうも弱気に転じている人が多いですが、相場は案外底堅くも見えます。藤戸さんは今のところアクセル踏み込んで、4月の外人買いにぶつけろみたいな感じのレポートでした。これもま、高値圏という意見には変わりありませんな。でも5月まで持つかなぁという論…

週報

·恒例の花粉症はじまりました ·娘がとうとうあるきはじめました。一人目より2か月ほど遅いです。あとよく食べます。 ·不愉快な場所からは遠ざかりましょう。時間の無駄です。 ·やり手やなと思う人は行動に移します。見習いましょう。

2017年2月末の資産運用

2月は決算発表でボコボコにされながらも若干プラスということで+1.34%でした。年間では+4.95%とツイッターを見る限り冴えない感じだと思われます。マザーズ指数の年初来パフォーマンスは10%超となっているので、20%超の人も多いんだろうなぁ。羨ましい。 …

JPXの新規上場のデータを使いやすく整形する②

JPXのページにある新規上場の表を使い勝手よくするということを以前行いました。そしてやるやると言いながら、全部への拡張を忘れていました。でも、今回は全部に拡張はしていません。これはこのあと示すコードを関数化してアドレスと年を引数にするだけのこ…

オプションのライブラリivolat3を使う

ヨーロピアンオプション用のライブラリをドリラー先生が作っておられるので、それを使ってオプションの動きをわかりやすく出来るようなプログラムを一回作ってみようと思い、思い立ったが吉日ということでちょっと前に作ってみました。 どんな感じかというと…

色々

effective pythonを読み始めました。面白いのですが、同時に、全く基本的なことが出来ていないというのを感じさせられ、python3も再び読み始めました。しかし、python3は電子書籍でないため、それをもう一度電子書籍で買うか問題が発生しました。普段の私は…

決算概況

決算前に手仕舞おうとしていた銘柄達も、もしかしたら行けるかもでエライ目にあいました。<気をつけよう、注意一秒怪我一生>という言葉もありますが、ミスっても完全死には至りにくい所が、株式市場の良いところかも知れません。結構やられましたが、一先ず…

ちょっとしたやつ

小ネタをまとめてみます。 ・ トランプ安倍会談はなんだか良い感じに進んでいる模様です。経済に関しては麻生さんとペンスさんが進めるということで、溜池通信の日記を読んでいると、トランプさんを飛ばして、日本企業と関係の深いペンスさんと色々進められ…

資産運用現状(2017年2月11日現在)

弱気になったという記事を書いたのですが、持ってる株のポジションは全く変わっていない私です。理由はただ売り指値に届かなかったということが理由です。来週で持ち株の決算発表が終了しますが、それが終わったらポジションの剪定を行うとともに、キャッシ…

ウェブアプリを作ってみたいなと思い始めてきました。 調べてると、ウェブフレームワークというものを使ってサイトを作るみたいです。djangoが最もポピュラーのようですが、難しいようです。一方、bottleというやつは単純で簡単とのことでした。数値の分析の…

windowsでPython3.6を使ってみた②

前回の記事に重要なことを忘れていたようなので追記。 mazarimono.hatenadiary.jp ライブラリを入れるにあたってwindowsの場合Visual C++ Build Toolってのが入ってなかったらインストール出来ない場合があるようです。そのため、これも入れておかなければい…

悲観 → 楽観 → ?

トランプ大統領当選後、世界は悲観から楽観に変わりました。というよりも目先のリスク要因がなくなったことにより、リスク資産へと資金が流れ込んできました。はて、今後もその流れは継続するのか?そこの見極めが現在の重要な点でしょう。 ・12月の日本の貿…