読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパープレゼンテーション

昔はTEDのサイトを見たり、ブログでお勧めされているやつを見ていたのですが、最近はNHKで放送されているスーパープレゼンテーションを録画していて、暇があるときに固めてみています。NHKが選択してくれるので自分で見るほど偏りがなく見れ、色々驚くことが多い。で今日見たのでメモのために良かったものを記録しておこうと思う。

 

これの確認のためにNHKのサイトを確認したのですが、NHKのサイトでもTEDの映像が見られるようになっていました。そのため、NHKに直接リンクを張っておこうと思いますが、名前とタイトルだけは一応このサイトに書いておいて、NHKのサイトがなくなっても記録としては残るようする。

 

1 Steven Jonhson  "Where good ideas come from?"

僕は最近同業の人と良く話すようになったのですが、何気ない会話から急にひらめきが生まれることが多い。しかし、大体酔っ払っているので忘れる。それをメモしていればといつも後悔しているし、録音したらいいんじゃないかとか思うけど、いいひらめきが出ないときもあるし、聞き返すのは時間の無駄といえよう。そうすると、しっかりとその時にメモを取るべしという結論になる。酔っ払っていてできないのだが、実はその酔っ払っているという時間も無駄なのではないかという究極の結論を導き出される。しかし、それは無駄ではないのだ息抜きなんだという逃げの解答をおいておく。

この講演はアイデアの生まれ方について触れている。日本には紫色の髪ばばあの様に役立たないことを研究、あれは研究とは言えないな。妄想を膨らませ、吐き出しまくっている人もいるが、ああいう人の予算は削ってもっと生産的な研究にお金を使うべきなんだろうな。まぁすべての日本の研究者が素晴らしくないわけではないし、若い人たちは凄いことをどんどんとやっているんだろうけど、このようなアイデアの発生の研究とか面白いことをやる人にお金をあげるべきではないかな?同志社も。

議員の人ももっと役に立つ本を読もう。

10月29日放送 | これまでの放送 | スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン

Chris Hadfield  "What I learned from going blind."

宇宙飛行士による講演。恐怖を克服するにはどうするかという話で、恐怖に感じることを何度もやるということを言っていた。僕もなんだか変わらない日常を送る退屈な人間になってしまったなと感じていたので、新たなことをどんどん行い、面白ければ取り入れ、また新たなことにチャレンジするというようなことをやっている。このサイトのメインにしようと思っている、株による自己資金の運用もその一環だ。人間新たなことをやるのは怖い。しかし、それをやって新たな場所へ行くというのは、もちろん新しいことがなんでも素晴らしいというわけではないが、良いことだ。それにより、これまで行ったことの価値も確認できる。とりあえず、僕は来週休暇なので(こんな儲けれられる時期にと思ったけど、予約を取ってるし、それ以上に価値を出せればいいかと思い、行ってくる)、やってないことにチャレンジしてきたいと思う。

9月17日放送 | これまでの放送 | スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン

 

Derek Sivers  "Keep your goal to yourself"

僕は携帯のアプリにTEDの日本語訳と英語の字幕が両方出るアプリを入れている。一応無料もあったんだけど、役立つものにはお金を払おうというのもあって有料のを使っている。で、そろそろ来年の目標でもブログに書こうかと思ったんだけど、これを見てやめた。目標は皆に大っぴらにしない方が良いようだ。まぁ賛否両論あるだろうが、これを見たのも何かの縁ということで、ブログに書くのはやめておく。でも、自分のノートに書くのを忘れないようにしないとな。


デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」 | Talk Transcript | TED.com