本 投資で一番大切な20の教え ハワード マークス

この本を読むのは二度目です。一度目は出版当初に図書館で借りて読みました。その時は、二次的思考凄いなという感想だったと思います。今回はアマゾンで古本を買って読んでみました。新品より少しだけ安かったのですが、勉強のために買うべきかなと思いまして。

読んだ感想としては、あまり中身を覚えていなかった割りに、前回書いた投資哲学はかなりこの本に影響受けてるなぁということ。しかし、これは最近「Dare to be great Ⅱ」を読んだ影響も大きいのかも知れません。今回なるほどなぁと思ったのが、先は読めないが現在地を認識し、サイクルを考え、自分の投資をどうするか考えようと言うこと。僕の投資哲学を考える部門で、先を少しでも読めるようにならないといけないということを書いた手前、その辺りをどうすべきかと悩んでいたところでありますので、これは中々良いヒントだなと思いました。現状認識とサイクルを考えるとなると、経済指標等を分析するのが投資に役立つと言うことになります。そしてサイクルが絶頂になる手前からポジションを落とし始め、下落へと準備するようなイメージも作れます。

それと振り子のように市場心理は振れるということも今回は目に付きました。強気市場でも弱気に振れることもあります。そして、市場が強気になると買い弱気になると売りなんてやると儲けられるはずの相場でも損しか積み重ねられないことが分かります。いつだったか僕はデイトレをしているときにそれに気づきました。絵を描くのは面倒なのでイメージして欲しいですけど、株価は上昇する際にも上がったり下がったりしながら上昇トレンドを形成して行きます。その際に最も強気な点である一つの並みの頂上で買い、その後の谷底で売りということをやっていると株は上がったものの損失を被ります。こういうことがあるので意外にデイトレとかは逆張った方が損が少なかったり儲かったりします。しかし、これって実は長い期間にも延長可能な考え方です。そしてこの本でもそんなことが書いてあるのかなぁと思ったり。

あと、最も重要なことですが、自分が思ったポジションを堅持することの重要性も述べられています。そうこれが最も重要です。何度も調べてこれはいけると思ったアイデアを市場の振るい落としと共に投げ捨てると途端に上昇していくことがあります。僕なんてほとんどこれに泣かされています。ロスカットを決めているのならポジションを落とすことは仕方の無いことなのですが、しかし、自信があるならそのポジションを再構築すべきです。

なんてことは書き出すと全ての投資家は分かっているようなことなのですが、実際にやるとなると非常に困難です。しかしだからこそこの本は読む意味がある。そう考え、年に一回はこの本を読み返さないとなと思いました。