保有する価値のある株

 僕の現在の株の運用スタイルはずっと株を保有していらない株、もしくはほしい株がある時には売買を行いそれを入れ替えるという感じになっています。しかし、ここ最近、株の運用の上手い人と自分の保有姿勢を見てみると明確な違いがあることに気づきました。それは保有する価値があるかないかというところです。

 

 この言葉だけではうまく言い表せていないので付け加えます。株を一年通して持つってことは市場の上げ下げに付き合うリスクがあります。そのリスクというのは実はかなり大きく、裏返すとそのリスクにかなうリターンがないと保有する価値というのはありません。決算が良くなるだろうというのであれば決算の上方修正が発表される前後だけ保有すればその銘柄のリターンはほぼ手中にできる(大体)と思われます。まぁこれは市場が効率的とする極端な物言いが強すぎる面もありますが、大胆に言えばこうとらえられます。

 

 であるなら一年を通じてリターンの可能性を生じさせる他の要因というのは何かと考えると、伸びると思われる業種や技術を買うことや、積極的に変化を行う企業、それをしっかりと発信してくれるIRというところになるでしょう。

 

 そのあたりをもう少しよく考えるというのは私にとって最も重要な部分であると思います。ただの割安投資ではなかなかリターンを得られないのはそのあたりにあったし、逆にそのリターンが実現化する際にそのリターンをとれないのはそのあたりを理解できていないところにあるのでしょう。

 

 もちろん、この考え方も事実をとらえるにはちょっと足りない考え方だし、動きを全てとらえられるような考え方はなく、そういうことはできないというのも分かっています。しかし、その辺りを深めていくことにより、投資家としてちょっと伸びしろができるのではないか。そう思った次第です。