読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人はなぜ株で損をするのか 藤原敬之

 再読。
 
 
 
 人は生まれて死ぬまで何を行っているか? 情報の整理
 
 
 
 この部分と株に関する考え方のところを読みたくて購入して読んだ。以前読んだときは図書館の本だったけど、再読したくなるような本はやはり買って読まないとななんて最近思う。情報の整理の部分は大胆で中々できない方法だが、やってみないことには始まらない。ノートを大量に持つのは嫌なので、ブロックスクェアだったかなという方法だけ取り入れてみている。しかもワードで。やはり手書きの方が良いかなと思ったりするが、情報の整理という点から考えるとPCはものすごく便利だと思う。探すのもすぐだし、整理もフォルダを沸ければいいだけだし。そんなこと言いながらエバーノートは大雑把な分類で、どこに何があるのか分からなくなっているが。
 
 
 
 あと細部までしっかりと作りこむというのはやはり重要なのだとこの本を読んでも思った。僕の銘柄分析は大雑把過ぎる。もっと作りこむためにということで定性と定量の両方である程度の基礎的な調査ポイントを作ってそこからの違いなんかを見てみたいと思う。tsukiline氏なんかはブログでの分析を見ても凄い。僕の銘柄に関するコメントは多くて10行くらいだが、彼のはコンテンツだ。あのレベルにはたどり着けないが、目指したいものだ。