1月に読んだ本

コメントを書いていない本もありますが、今後書こうと思っている本はあります。

 

1 銭の戦争 2 波多野聖

2 日本人はなぜ株で損をするのか 藤原敬

3 銭の戦争 3 波多野聖

4 麻生正紀の誰も知らない上毛革命

5 創造の狂気 ウォルトディズニー ニール・ギャブラー

6 相場師一代 是川銀蔵  

 

感想は1,2,5の分を書きました。もう2冊くらい読んだと思うのですが、思い出せないのでまた思い出した時に書こうかと思うけどたぶん思い出せないと思います。4はイントランスへの投資を考えているので読んでみたのですが、全然面白くありませんでした。色々と取材したけどなんだかなぁという感じでした。6の是銀先生の本はすごく面白かったです。僕はこれまで先入観というか、ただの仕手の人でしょみたいな感じでとらえていたらえらく違った感じで、先入観は駄目だなと思いましたね。投資を始めて先入観はいかんものだと知ったわけですが、ここでもその考えが強化されました。でも他の人が書いたのも読みたいなとは思います。本人のものを読んでも釈然としない部分もあるので。そのうえで感想でも書こうかと思います。