読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歪み

投資哲学 投資ネタ

 トレードで利益を出すためには何が必要でしょう?僕が思ったのは評価の歪みではないかということでした。例えばある会社の株価はある収益予想のもと、形成されます。そうアナリストなんかが作ったなんだか直線的に伸びて行くスプレッドシートなんかがそれに当たります。

 それに市場が許すであろうマルチプルをかけるとその企業が持つべき時価総額が作れます。株価って簡単です。しかし将来を正しく予見することなど出来ません。そして将来、市場が許容するマルチプルも分かりません。そんな中株価をつけようとするのだから、歪みが出てくるのは当然です。株価は常にふらふらします。ムカつくくらいにふらふらします。どれが正しい価格だったかなんて未来から見ても、今が正しいとしか言えないでしょう。

 しかし時折凄い人がいてその辺のことをしっかりとやってしまいます。その人はどう考えるか、その会社の長期的ビジョンを考え、そして市場が許すであろうマルチプルを考えます。そして現在の価格と考えた価格に歪みがあればトレードを行います。

 トレードをたくさんやっていると上がるから買い下がるから売る。ほな儲かるという発想になります。しかしそれでは長続きしません。何らかの歪みがあるからトレードする。そのような考えがなと、よほどの達人でない限り多分トレードは長くはやっていけません。

 何か凄く儲かっている人が突然スランプに陥り儲からなくなる。そしてそれが修正できないというのはある意味その人が使ってた歪みがなくなったことを意味するのでしょう。考えない人は「なんでやー」って感じで取引を繰り返し資金を失い、考える人は歪みは有効でなくなった、もしくは消失したと考え、次のトレードアイデアへと移ります。その辺が生き残るかどうかということなのでしょう。

 相場の本なんかには順張り逆張りなんて簡単な説明しか載っていませんが、もっと考えると利益の源泉には何らかのずれがあるのでしょう。それを考えるために頭を動かすということなのでしょう。またそう考えると多くのシステムトレードの中からもいくつかを選ぶ際の選択方法が自ずと作成できるのではないでしょうか。

 直線的な思考も中々トレードをやって行くには難しいのかも知れません。小銭を稼ぐのには適していますが、大きく儲ける時には非直線的な発想でないといけないのでしょう。タレブなんかはその辺を上手く話しているように感じます。

 でも歪みは人によって見え方が違います。それがトレードの得手不得手に繋がるのでしょう。直線的に考えているとトレードはルーティンになりますが、凡人はそれではいけない。勿論達人は大丈夫ですが。そんなことを意識しながら最近は物事を捉えていこうと思っています。この文のキーとなる単語は歪みと非線形な思考といったところでしょうか。