読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運用について

 

 そう僕も思ってた。株なんて持ってたらお金増えていくんだろって。しかし、そんな単純ではなかった。上がっても下がっている株があって不満だし、下がったら指数なんて関係ないってくらい下がる。常に上がるって言っている人がいるし、常に下がるって言っている人がいる。そんな中株を持ち続けていると上がるときもあり、下がるときもあり、その上下を言ってるオナニストはそれに一喜一憂しているし。

 

 それにこのところ小型株はゴミのように売られる。僕のポートは毎日沈んでいく。日経平均は思いっきり上がっているのに、僕のポートは今年マイナスだし。運用ランキングを見ると鬼のようなパフォーマンスをたたき出している猛者がいっぱい居る。しかしやらなければ始まらないんだ。宝くじも一緒だけど参加しないとリターンも得られない。そんなもやもやを表現してくれたオバセキ先生さすが。

 

 

 

投資はつらく苦しい、でも逃げられない

 

http://www.nikkei.com/money/features/67.aspx?g=DGXMZO8374030027022015000000&n_cid=DSTPCS008&df=3

 

ホントそうだなと思ったところ引用 ↓

 

ある程度資産を保有しているまじめな個人にとっては、投資って「必要悪」なんじゃないかなと思います。苦しいから本当はやりたくないのに、嫌々やらざるをえないから。

 

  ピケティじゃないけど、資産は運用していかないと増えていきません。それに、資産を円で持つ以上は常に円安リスクにさらされています。だから投資は避けて 通れない。でも、いったん興味を持ってしまったら人生はつらくなりますよ。やってみると結構大変で、エネルギーをかけないと痛い目を見る。必勝法もない。 損をすれば苦しいし、もうかってもさらに欲が出て100%の満足感は得られない。かといって、何もしないでいると株価が上がったときに損した気分になる。 とにかく、楽しいものじゃありません。

 

 

 投資という発想がまったくなければある意味幸せなんですけどね。市場で何が起きてもいいとも悪いと も思わないから。大人の楽しみも苦しみも知らない子どもが無垢(むく)で幸せなのと一緒です。でも一生子どものままでいられる幸せな人はそんなにいませ ん。たいていの人は投資が頭をよぎって、そこから苦しみが始まるんです。でも、どうせ苦しいならもうかった方がいい。結局、やるしかないんです。