ゲスな考えを消すには

 今現在、株を持ってないので、株の動きなんて本来全く関係ないはずなのに、何故か株の動きが気にかかる。ゲスなもので、安く買いたい気持ちが反映され、株を持っている時とは違い、株が下がればうれし、株が上がればかなし、という感じです。

 
 これは株を持っていないのに、株に翻弄されている証拠であり、投資家として全くダメな印だと思う。相場で勝つためにまず必要なのはニュートラルな考えな気がします。ニュートラルに考え、出た結論で勝負する。勝負している間も、ニュートラルに考え、自分が間違っていると見るなら手を引く。そんな姿が理想的だと思う。銘柄に対してもニュートラル。思い込みをもたず、ただひたすら、マネーマシーンを作りあげることに注力する。
 
 考えを変えるのは得意なのですが、その考えの核となる部分が私は弱く、その辺りを鍛えるのも一つの課題です。まぁ鍛えるというより、もっと目を見開いて、よう調べんかいってことでしょうけど。
 
 ある投資家と最近話す機会がありました。彼は1月頭にすべての株の買いを売り切り、今はあまり株は見ていないといっていました。あと、24ヵ月平均まで株価が戻るまで待ちだとも。まぁこんな賢明な投資家は相場が良さげなら、相場に飛び込むこともできんだろななんて思い、少しでも見習いたいなと考えております。