読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕎麦弁当ブームに乗る

蕎麦弁当ブームに乗ることにしました

ダイエットとしてただひたすらおにぎりを食べてきましたが、流石におにぎりばっか食べてる生活に飽きてきました。そんな時にこの記事を読みました。

そう言えば私も蕎麦が好きだった。そうして、10年くらい前に3食蕎麦を食べてダイエットに成功したことを思い出しました。会社の近くに蕎麦屋はありますが、歩いて行くのはこれから暑い。という訳で、蕎麦弁当を持っていくおっさんになることにしました。
 
そうなれば、サーモスのフードコンテナを買わなければなりません。僕はたくさん蕎麦が食べたいので、0.5リットルの黒い奴をアマゾンで買いました。そして蕎麦、冷凍トロロ、冷凍ネギ、天カスを業務スーパーに買いに行きました。蕎麦は4束入りが100円くらいで売ってました。トロロは600円後半くらい、ネギは200円の真ん中。
 

トロロとの戦い

山下さんのブログではトロロが割ってあるのですが、僕はトロロを朝割るという愚行に出ました。ブログを読んだだけでできると思うほど、愚かなことはない。一度くらい試してみるべきだったと反省している。トロロを割るのは意外に大変です。最初は包丁で叩き切る作戦に出ました。しかし中々割れない。これではいけない。僕は朝お弁当を作る時間を10分以上取りたくない。しかし包丁では歯が立たない。というか、包丁で叩いても、トロロはへこむだけです。
 
家を出る時間が近づくのに、トロロが割れない。包丁ではらちが明かないので、力が入りそうなキッチンバサミで切ることを目指した。すると手こずったがなんとか、トロロをひとかけら分割することができました。朝から達成感を味わうというのはいいことのようです。アメリカの兵隊の偉いさんも下のように言っています。朝から任務を完了するって気持ちいい。これは弁当作り全般に言えるのかもしれない。
 

毎朝ベットメイキングを完璧にする 。

最初は馬鹿げたことのように思えました。我々は真の戦士、戦いの猛者SEALSの一員になることを求められている。

それといかなる関係があるのか、しかしこの英知はその後幾度も証されるのです。

毎朝ベッドメイクできればその日の最初の任務完了です。それにによってささやかな誇りと次の任務に向かう勇気を得ます。

1日が終わる頃には、最初の任務完了から始まって多くの任務が完了します。ベットメイクは暮らしの中の小さなことがいかに影響力を持つかを示してくれます。

小さなことを正しくできなければ、決して大事を成す事はできません。

その日が惨めな1日だったとしても、家に戻り、自分が整えた寝床につきます。

完璧に整えられたベッドは明日への勇気を与えてくれます。

世界を変えようと思うならまずベッドメイクから始めましょう。

しかし2日目、トロロはキッチンバサミでいけると、高をくくっていたのですが、トンデモない危機が訪れます。昨日と同じようにキッチンバサミでトロロを切っていると、バキッと音がしました。なんとキッチンバサミが折れました。あゝ無情。その日はフォークを突き刺してトロロを切り離しました。
 
2日目にしてトロロを朝から割るのは大変過ぎることを悟りました。そこで、前もってカットしておこうと漸く重い腰を上げました。百均でちょっと小洒落たノコギリを買いました。それで完全にバラバラにしてしまおうと思ったのです。買ったノコギリはこれだった。

f:id:mazarimono:20160523190546j:image
これで流石にトロロ問題に終止符が打たれる。そう思った私はトロロをなめてました。このノコギリを使い、ギコギコとやり始めた。かなり切れるので、スピードを上げ始めると、パキッと音がしました。なんとノコギリが折れたのです。トロロ強すぎるわトロロ。そして、頭を悩ましましたが、家にある強さのある、ノコギリっぽい物質ということで、食事用のナイフでギコギコと試みると、切り落とせ、なんとか何日が分のトロロを確保することができました。
 
しかしトロロを楽に切る方法は未だ見つかっていない。あと、ネギは冷凍のやつだとなんか美味しくない。やはり、ネギはちゃんと切った方が良いかも。でも蕎麦は美味しいので、今年の夏は蕎麦弁当で乗り切ろうと思います。