読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オライリーに電子書籍があるなんて知らなかった

 おはようございます。四十手前にしてパイソン勉強中4ヶ月目の私ですが、学習には本を使っています。で、最初はみんなのパイソンでしたが、その後はオライリーの本を使っておりまして、python3、pythonによるデータ分析入門って本を持っています。

 

www.oreilly.co.jp

www.oreilly.co.jp

 そこでの一つの悩みは、本が重いということでした(これはプログラミングの本全般に言えることからもしれませんが)。会社でも隙あれば勉強してやろうと、本を持っていたりしたのですが、本が重い。2冊なんてとてもじゃないが、持ち歩けない。あと、ブックカバーを捨ててしまう派のため、本がぼろぼろになるということです。python3のほうは蛇が表紙なのでどうでもいいですが、データ分析入門の方はちょっと可愛い動物が表紙なのでどげんとせにゃいかんという気持ちになりましたが。

 

 元来、私は本をアマゾンで買うのですが、その日はたまたま、オライリーのサイトを見てみたのでした。すると、アマゾンにはない電子書籍がありました。

O'Reilly Japan Ebook Store

 PDFだけのやつもあるけれども、epubに対応しているのもある。しかも買ったら自由にダウンロードできるみたいでどの環境にも入れられます。おお、なんと素晴らしい。スマホでも勉強できるやん。というわけで、ポチッとな。

www.oreilly.co.jp

 やはり、重い本とかは電子書籍がいいですね。四季報kindleで買ってみたのですが、まぁいい感じです。しかし、画像なのでサイズがでかすぎて、ちょっとなぁというのもあります。あれもepubにしてよと思うのですが、CDROM版と差別化できなくなるとかあるのでしょうか?

 

___

あと、中途半端に分厚い本は開くの難しいんですよね。電卓とか携帯とかおいて見なくても良くなるのも電子書籍の素晴らしい魅力です。