TOMTOM

 去年か一昨年にスマートウォッチを買いました。それまでは時計なんて携帯でええがなスタイルを取り続けていましたが、時計を実際はめてみると腕を少し動かすだけで時間が分かるというのは、案外便利である局面が多く「いやぁ、時計って素晴らしいなぁ」と思いました。あと万歩計機能とかいいなぁという感じです。走った日も分かるし、どれだけ自分が歩いていないか気付かされたり(一日1,500歩とかでした)、健康機能を持って歩くのは良いなと感じました。

 一方で、スマートウォッチの不便さというのもあります。メールやら着信やら色々と知らしてきてうるさいのと、電池がすぐ切れるというところです。いや、メリットのはずなんですけど、私にはデメリットでした。だいたい通知オフにしていましたが、それでも漏れはあります。あと、電池のもちが悪いというのはなんともし難い弱点です。省電力にすれば次の日まで持つのですが、酒飲んでるときに何時かと腕を振りかざし、時間が出ないので画面をタップするというのは面倒なことでした。

 そこで次の時計を探し始めたときにGPSウォッチというのが選択肢に入りました。自分がなんかした記録がだいたい残るってのは面白いかなと思いました。で見つけたのはGARMINのランニングGPSForAthlete235Jでした。おおかっこいいなぁと思いましたが3万チョイするのは高いなぁと思いました。230Jという27,000円くらいのモデルが有りそれも良いなと思っていました。あとはなんか割安になるタイミングないかのぉと、アマゾン様を観察する日々を過ごしました。なんかその時は時計は丸くないと思っていたのでした。前回買ったmoto360も丸型だったのはそのへんも理由だったのです。

 そうしているとTOMTOMというメーカーを知りました。ナイキプラスなんかもTOMTOMが作っているみたいです。そして調べていると日本ではSPARKというモデルが最新ですが、海外ではSPARK3という新しいモデルが出ていて、しかも値下がりしているということでした。問題は一つ、形が四角ということでしたが、まぁやすいし気にするなよということで購入決定。

 TOMTOM SPARK3はGPSウォッチ機能だけのモデル(一応脈拍も測れる)と音楽聞けるやつともっと心拍数を取れるやつみたいな感じの3ランクあるという感じでしたが、僕は走りながら音楽聞くと平衡感覚が起こしくなっている感じを受けるのと、お金がないので松竹梅の梅を買うという「人としてのプライドとかないの!?」とか「そんな安モン持ってたらモテナイよ!」と言われるような選択をしました。

 良いもん持ってたらモテるのか問題にはもう結論を出したのです。どんなに良いものを持ってても僕はモテない!自己満足で良いもんを持つならプログラミングの本を一冊買う!(積読をどうこなすかもっと考える必要がある)高い時計は自己資産運用で年4桁の運用益が出たら考えるかもしれませんが、そのようになるの可能性が出てくるのはまだまだ先であるので、現在視界にも入っていません。

 TOMTOM SPARK3を使っての感想ですが、いやーこれを求めていたなという感じです。3週間位充電せずとも使えるようなので寝ているときもつけてられ、睡眠時間も記録されます。自転車で走った経路や時間、速度なんかも出て面白い。走るのも楽しみになっています。あと、四角の時計は邪魔にならなくていいです。丸いと偶に手に当たって鬱陶しいですよね。いやー良いですこれは。お値段も13,000円と超お得。お金持ちは松を買ってください。