仮想通貨全体の時価総額とビットコインのウェイト

 ちょっと最近、zcashを調べていてそれを勉強会で話そうかなんて思って資料を作っていたら、興味深いかもしれない資料ができたので、ブログを更新しておきます。

 これは前回も紹介したCryptoCurrency Market Capitalizationのページのヒストリカルを使って、仮想通貨全体の時価総額ビットコイン時価総額をまとめたものと、あと、通貨の数とビットコインのウェイトをまとめたものです。

coinmarketcap.com

 こうしてみると2014年12月くらいに一回ビットコインが低迷した時期があったけど、最近までやはりぶっちぎりに強かった。しかし、最近その流れがビットコインでの揉め事で変わりつつある。今後の展開はいかに??というところのようです。

 

 ここで数値を取っているのは月末の値です。現在通貨の数も増えていて、まぁなんというか乱立状態です。数が増えたのも手伝ってか、ビットコインのウェイトは全体の67%まで下がっています。

 今後の展開としてはビットコインがうまいことまとまって、また90%近くまでシェアを戻すというのが一つ、色々と使い勝手があるオルトに人気が集まるというのも一つかと思います。私としては後者のほうが儲かる可能性があるかなぁと思っています。

 それとオルトバブルとか叫ばれている今オルトを買うのも悪手なのかとか悩みも深い。しかし、ふっ飛ばしてもいいくらいの資金でやっているのでまぁ思い切ってチャレンジしたいところです。

 

 ちなみに仮想通貨全体の時価総額で300億ドルくらい。ということは、3兆3千億円くらいで、京都銀行くらいです(またか)。まだ大して価値を生み出していないので、なんとも言えませんが、野口先生のおっしゃっていることを信じると、ブロックチェーン技術はIT革命より凄いのだ!!ということで、アップルの時価総額が80兆円くらいですから、そんなもん軽く超えていくことになるでしょう。

 マクドナルドを50万円分買っていた人は、現在30億円くらいになっているとの話もありますが、そんなことも仮想通貨で起こるのでしょうか?あと、日本人にとってはインフレを知っている人たちの運用の勢いに乗れる投資先として良いのかもしれません。

 問題も多々あるでしょうが。

f:id:mazarimono:20170426220313p:plain

オルトコインを買いたくなったらコインチェックへどうぞ

  日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin