隗より始めよ

今後はいろいろ考え始めます。

プログラミング初心者、言語処理100本ノックを解いてみる!

f:id:mazarimono:20180618100459p:plain

6月15日のはんなりPythonでは、グループに分かれてプロジェクトオイラーの問題を解きました。

Project Euler - PukiWiki

hannari-python.connpass.com

好評だったのかどうかは分かりませんが、私は面白かったです。というわけで、自分でも一日一問くらい問題を解いてみようかなと思いました。何が良いかなぁと思いましたが、言語処理100本ノックに決めました。ウェブにあるデータなんかを処理できたらカッコええし、役に立ちそうです。

ちなみに7月20日のはんなりPythonは発表会です。発表されたい方はぜひ!


もくじ


問題を選ぶ

今後も偶に、はんなりPythonの会ではコードを書く会もやると思われます。その際にはプロジェクトオイラーの問題をやる可能性もあるので、それは避けておこうかなと思いました。

それと、私の課題としては正規表現を避けて通りまくっているのを何とかしたいというのがあります。正規表現使えたら格好いい。

というわけで、言語処理100本ノックに取り組んでみることにしました。

www.cl.ecei.tohoku.ac.jp

2015ということは2018もあるかもしれませんが、一先ず見つけられた2015を1週間に1問以上解いてみようと思います。

弱気な目標ですが、こういう問題っていきなり難易度が上がります。なので、この目標くらいが良いかなと思います。

これで文字列解析に馴染んで、色々ニュース解析とかやりたいです(もう少し面白そうな課題は最後に書きます)。

windowsUNIXコマンド

さて、問題を見ているとUNIXコマンドで処理する部分があります。マックだったら普通に使えるけど、windowsではどうするかのぉということで、ちょっと色々と調べてみました。

Windowsパワーシェルでもpwdとかcdとかmkdirとか使えますが、そんなにコマンドが使えるわけではないようです。

色々調べた結果、git bashを使って行けそうだなと思いました。私はgitをすでにダウンロードしているので、新たに何かをダウンロードする必要もなく、簡単にいろいろできます。

「Gitってなんやねん!」というと、ファイルのバージョン管理をしてくれるソフトです。

これではわかりにくいと思うのでもう少し説明しておくと、例えばエクセルファイルを作っていて、1という状態で保存し、次に何かを入力した2という状態で保存したとします。しかし、1に戻したいなと思った時に、普通なら入力した数値なんかを消去して、1の状態に戻しますが、gitで管理していると1がすぐ開けるという優れものです。

詳しくは下のサルでもわかるgit入門を参照していただければと。

backlog.com

そして、gitを以下のサイトからダウンロードすると、もれなく一緒にgit bashもついてきます。

gitforwindows.org

これを入れていないとgithubにファイルを上げたりできないので(多分)、入れておくと良いと思います。gitの使い方に関してはサルでもわかるgit入門が参考になるかと。またそのうち、このサイトでも最低限のコマンド入門みたいな記事を作るのも良いですね。

gitをダウンロードして、Windowsボタンを押すとgitというフォルダができていて、それをポチっとするとなかに「git bash」が入っています。

それを開くとgit bashが開いて、無事コマンドが使えるようになります。下は左がwindowsパワーシェル、右がgit bashです。パワーシェルはwcってコマンドはないって言っていますねー。

f:id:mazarimono:20180618095034p:plain

まとめ

以上みたようにWindowsでもgit bashUNIXコマンドが使えるようになります。多分色々とやり方はあるんでしょうが、私の場合gitを入れていたので、新たに何もダウンロードせずにできるやり方でまずはやってみました。

今後は頑張って問題を解いていきたいです。そして処理したいのは・・・

Bitfllyerのチャットのデータです!

昨晩、仮想通貨の取引所のAPIを見ていたのですが、BitflyerだけチャットのAPIを公開していることが分かったのです。データは何も指定していないと5日分のようです。 日付を指定したら、その期間を取得できるようなので、面白そうです。これがトレードに使えるかというと、かなり雑談ばっかりなので今のところ微妙ですが。しかし、面白いデータだと思いますので、ちょっと触ってみたいので、この問題を解きながら勉強すると力もつきそうなのでやってみたいと思います。

lightning.bitflyer.jp

というわけでまとめると * windowsUNIXコマンドを扱うにはGit Bashが良さげ。
* BitflyerがチャットのAPIを公開していて分析してみたい。
* 言語処理100本ノックをこなして、言語処理力をつけたい。

ということでした。おっさんも日々勉強です。

入門 Python 3

入門 Python 3

ちなみに一問目は

word = "stressed"
print(word[::-1])

で「desserts」ということで、ストレスには甘いもので対抗しようということでしょうかw 

上海珍道中7 ー 上海旅行まとめ

f:id:mazarimono:20180609111809j:plain
jade-buddha-temple

さて長々と上海旅行に関して書いてきました。最後にまとめて、終わりたいと思います。


もくじ


上海は近くて安い。サプライズが得られる。

さて旅行に行こうとする場合、国内、海外いろいろ選択肢があります。どうしても行きたいところがある場合、予算がいくらであろうがそこを選びますが、どこに行こうか考えるという場合、予算制約を考えたくなると思います。「予算を少なく、しかし驚きは多く。」そんな場合、上海はおすすめです。

まず、安い!


旅費が安い

さて今回行った旅行はHISのパッケージで、全て自由時間でした。そのお値段はなんと、二泊三日で一人26000円、空港利用税を入れても31,000円でした。ちなみに最近北海道に行ったときは、一人50000円くらいしました。だいたい半額くらいです。

食費も安い

一流のレストランとかは日本よりも高いかもしれませんが、メインの通りから一本離れると一人500円以下でご飯が食べられます。そして食べられる中華料理は、めちゃおいしいです。ハオチー!

f:id:mazarimono:20180608220535j:plain ちなみにビールもものすごく安くて、水より安価なので、水代わりに飲んでいても良いです。

地下鉄も安い

地下鉄はだいたい近距離の移動は4元(80円)です。空港から中心部みたいな1時間位の移動でも8元(160円)と非常に安いです。中国は広いので一駅間の距離も日本と比べ物にならないくらい遠いです。二駅やし余裕で歩こうとかなるかもしれないけど、体力を奪われます。なので、下に書くワンデーパスを手に入れて置くのは旅行を快適に進めるポイントかも知れません。

地下鉄のワンデーパスも安い

24時間利用可能なワンデーパスは18元(360円)です。やっす。これさえ持っていれば、地下鉄を乗るたびにチケットを買う必要もなくなるため、利便性がぐっと上がります。ちなみにスリーデーパスもあってそれは45元(900円)とちょっと割安に設定されています。私の同行者のようになくさないように気をつけましょう!

f:id:mazarimono:20180617090623p:plain

ワンデーパスを買うのは普通の自動販売機ではなく、サービスセンターで駅員さんに言う必要がありますが、まぁこういうコミュニケーションも旅の醍醐味です。あと、中国は英語が通じないのですが、ワンデーパスくらいはわかってもらえます。

飛行機で関空から2時間と近い!近いのに異文化!

関空まで遠い問題は存在していますが、関空から飛行機に乗ると2時間で上海に着きます。飛行機に乗っている時間は苦痛で仕方ないので旅行はちょっとという方も、2時間乗るだけであれば、新幹線で京都から東京に行くよりも早いので、大丈夫だと思います。本を持って飛行機に乗っても、読みきれませんw往復なら読み切れるかも。

上海の見どころ

上海にはいろいろと見どころが多いと思いますが、今回見た範囲でおすすめの観光スポットを挙げておきます。

夜のバンド

これは日本では見られないド派手な夜景として外せないものだと思います。刺激が強いので上海に滞在している間は毎晩でも見たくなります。昼間は昼間で良いのですが、やはり夜の景色がおすすめです。

f:id:mazarimono:20180608202401j:plain
bund-night-seen

M50

色々なアーティストの作品があるM50もおすすめです。地下鉄の駅から5−10分位歩くとあります。

f:id:mazarimono:20180609102943j:plain

豫園

豫園は完全なるお土産屋スペースですが、お土産をまとめて買いつつ、中国の古い建物が見られると思うと良いでしょう。注意点としては、お土産屋はかなりぼったくりの価格であることが挙げられます。5分の1に値切っても買えたので、もっと値切る必要があるかもしれません。

f:id:mazarimono:20180608193317j:plain

スーパー

スーパーに行くと価格が明示されているので、大体の物価がわかり、そこからお土産物の適正な価格も推測できるかもしれません。現地のお菓子とか色々わかるので面白いです。我々のホテルの前にあったAuchanはものすごく商品があっておすすめなのですが、上海にたくさんあるのでしょうか?まぁ中心部から20分位だったので、足を運ぶのも良いかもしれません。

f:id:mazarimono:20180610081559j:plain
market

注意点


英語はほとんど通じない

昔中国人は英語を結構話せるみたいな話を聞いたことがありましたが、そんな事はありません。日本よりは通じるのかもしれませんが、ほとんど通じません。ホテルなんかでは通じるけど、街中は駄目ですね。なのでちょっとした中国語を覚えていくと喜んでもらえます。しかし、・・・

中国語を話すスピードが早い

そう、中国語のスピードが早く、ちょっと勉強した程度の私には何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

という感じで注意点はほぼ言語のお話ですが、このへんはまぁ気にしなくても、こいつ分かってないなぁて思われると万国共通なジェスチャーで示してくれるので大丈夫です。

海外のウェブサービスは使えないものが多い

そうなんです。例を挙げるとGoogle、Yahoo、LINE、TwitterFacebookが使えません。Googleが使えないのは非常に不便でした。なぜならWIFIスマホが掴んでも、大体の検索がグーグルで設定されているため、何も検索できないからです。

検索に関してはMicrosoftのBingは使えるので、ブラウザの設定をBingにしたら大丈夫です。あと、グーグルマップも使えないので、バイドゥの地図をダウンロードしておきましょう。地図自体もスマホにダウンロードしてオフラインで利用できるので、それも日本国内で行っておきましょう。

グーグルが利用できないということでグーグルプレイストアでも検索とかができませんでした。なので、日本で検索して入れておかないと、中国では多分ですが、入れられません。

LINEで連絡も取れませんので、連絡を取る必要がある人にはwechatでも入れてもらい、自分も入れて連絡を取れるようにしておくと便利です。

中国で銀行口座を持っていないとモバイルペイメントは使えない。しかし、現金決済もしてもらえる

現地の人は結構モバイルペイメントを使っていますが、中国の銀行に口座を持っていないと使えません。日本の中国の銀行に口座を作っても使えないようです。

日本のテレビとか見ていると、現金だとものも買えないみたいな勢いですが、安心してください。現金も普通に使えました。なので、日本円を持っていって、現地で人民元に替えてという感じで、全然現地で不便はありません。

しかし、乗り捨てられる自転車はモバイルペイメントがないと使えない。

そうなんです。話題の自転車サービスはスマホをかざして使うので、モバイルペイメントが使えない観光者は利用できません。

地下鉄を活用しようと言っときながらあれですが、地下鉄は外の景色が見られないという点が観光において非常にマイナス点が高いですよね。その点、自転車が使えたらなんて思います。また、上海には行きたいと思っていますので、その時までにはなんとかしておきたいです。

f:id:mazarimono:20180609105224j:plain
マンションの裏に乗り捨てられている自転車

f:id:mazarimono:20180617093916j:plain
バス停の近くにゴミのように乗り捨てられる自転車

まとめのまとめ

以上たくさんの記事を書いてきましたが、上海旅行は安くて近くて、そのうえ色々とサプライズがあっておすすめです!

何かとドタバタしていた旅行記は、以下のリンクで読むことができます!

mazarimono.hatenadiary.jp

上海珍道中6 ー 3日目帰国

漸く三日目、最終日です。

お土産を買ってその後ふらつこうとしていたのですが、ちょっと雨が降ってきたので名残惜しいけど、空港に向かうことにしました。


もくじ


豫園に

お土産をいろいろなところに買いに行くのは面倒だということで、豫園で探すことにしました。一日目に見たように、豫園はお土産屋さんの集合体なのです。

ひとまず脇道にそれたらお土産屋さんがたくさん入っている建物を発見した

でもとりあえず、豫園のメイン通りに行く前に曲がってしまいました。人の流れには乗りたくない。すると一つの建物がありました。

f:id:mazarimono:20180610110315j:plain

この中は結構広くて、しかもお土産屋さんがひしめいていました。豫園の中で買うよりも効率的かもしれんと、ひとまず入ってみることにしました。

f:id:mazarimono:20180610102046j:plain

見るのに必死で、全体的な雰囲気がわかるような写真がないのですが、色々なお店があります。子供用のおもちゃから、上のようなベタな中国土産、陶器から、バッタ物のカバンまで・・・。色々と値段を聞いたりしていましたが、それほどぼったくられている感じはありませんでした。とういうか、陶器は安いなーという感じでした。もしかしたらここからさらに買い叩けるのかもしれませんが・・・・

この建物は1階から3階までが全部お店屋さんで、全部見るには相当時間がかかりますが、そんなにお客さんがいるわけでもなかったです。ここも値札があるわけではないのですが、値段的には結構安かったです。

観光客ゾーンに行く

その後、観光客ゾーンでもお土産を見てみました。うーん。なんだかものすごく高い。例えばさっきの建物で50元と言われたものが200元になっていたりしている。興味本位で40元だったら買うみたいな感じでいうと、なぜかその値段で売ってくれたりします。なんか最初の値段ってなんなのか、そしてなぜそれほどの割引価格にも一瞬で下げてくれるのかということを疑問に思いました。

まぁ疑問に思うでもなく、それでも儲かるから売ってくれるんでしょうね。でもたまに価値の有りそうなものもあったりして、それがこれくらいなら買っても良いかなみたいなときもあります。多分、とりあえず値切りをやらないと適切な値段にはならないでしょう。

先程の例にあるように5分の1の値段でも多少考えるふりはするけど売ってくれるということは、10分の1でも売ってくれるのかもしれません。そう考えた我々は、いくつかの商品を10元なら買うみたいな対応をしてみたけど、流石に10元では何も買えませんでした。

このようなボッタクリのおかげで、上海のマンションはあんなに高い値段になっているのかもしれませんw

最後にのんびりするために公園にでも行こうかと思ったが雨がきつくなってきたので空港に向かう

f:id:mazarimono:20180610125333j:plain さて、ただひたすら上海を徘徊してきましたが、もう残り時間も少なくなってきました。最後はまったりしようと世紀公園に向かいました。しかし、そこは無情の雨。まぁ当初は2日目から台風との天気予報だったのが、3日目まで存分に楽しめたという時点で大満足だったのですが、最後はちょっと心残りでした。

しかし、雨の中公園をふらつくよりも空港でまったりしたほうが良いなということで、予定より1時間早く空港に向かうことにしました。空港への道はまた1時間位。そして地下鉄には結構たくさんの人が乗っていました。

さて空港で何をしていたかというと、空港ラウンジでお酒を飲んでいました。楽天カードプレミアムカードにしておけば、プライオリティ・パスというのがゲットできて、ご飯やお酒が無料で楽しめました。残念ながらテンション高く飲んでいたので、写真はないのですが。中国では高級なハイネケンのビールも無料で飲めたりして、お~さすがプライオリティって感じでした。中国人の3人組がビールを20本くらい確保して、宴会しているのが楽しそうでしたw

普通の料理店でもたまに宴会している人がいたんですが、彼らは最初にたくさんの飲み物を注文しておいて、一本空いたらそれを飲むという傾向にあるのでしょうか?ケースでビールを持ってきてもらっておいて、そこから飲んでいるという姿を見たりしました。

最後までアクシデントに・・・

そうして、あと1時間位で飛行機が出るというところで、搭乗ゲートに向かいました。すると、到着すると同時に搭乗ゲートが変更となりました。

なんかまた遠いところにとか思いつつも余裕を持って空港に来ていたので、テクテクと歩いていきます。

そして、変更されたゲートに到着すると、いきなりセキュリティの人が現れました。そしてYさんになにか話しかけました。カウンターに連れて行かれるYさん。今生の別れですね。

f:id:mazarimono:20180610164346j:plain

これほど色々なことが起こる人がいるのか。私はビールを飲みながら思いました。アクシデントに愛されるYさん。旅行の同伴者にこれほどオススメできない人はいません。そんなYさんは彼女募集中です。

未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること (講談社現代新書)

未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること (講談社現代新書)

mazarimono.hatenadiary.jp