隗より始めよ

今後はいろいろ考え始めます。

Viva! 長期投資

f:id:mazarimono:20180701143516j:plain

回転売買ばかりしてないで、長期ホールドせんかい!って声がありますが、ここは日本ですよって話を始めましょう。


もくじ


まずはあるチャートを見てみましょう

f:id:mazarimono:20180721182801p:plain

このチャートは2000年から昨日までの値をとったもので、2000年のスタートを100としています。

その後の動きは全然違って、片やフラフラと100近辺で18年超動いています。もう片方は500まで上がったあと、100近くまで下げましたが、その後10年で700を超えるまで上昇しています。

投資商品として投資するとしたらどちらを選びたいでしょうか????

正解は

f:id:mazarimono:20180721183209p:plain

正解はブルーのラインが日経平均株価、オレンジの指数がウィルシャー5000指数です。ウィルシャー5000指数は上場しておりかつ、米国に本店を置く5000社の株価のインデックスです。これを使ったのはS&P500指数がFREDから10年分くらいしか取れなかったからです。

このチャートを見ていえることは、日本株は長く持ってても儲からない一方で、米株は持っていたら資金は倍以上になっているということです。

バフェットは「このタイミングでアメリカに生まれたから株式でこれだけのリターンが得られた」ということをいっていたように思います(たぶん)。

これをみて日本で長期投資を行おうと思うでしょうか???

半額になるリスクを抱えながら長く持つよりも、天と底を当てるようなボラティリティをうまく使った運用を行いたいと考えるのではないでしょうか?

投資スタイルは環境による

米国は投資先進国で長期投資やっている。一方で日本は投資教育が行き届いていないから短期売買をやる。もしくはコンサルタントが手数料目当ての売買をおすすめするなんて意見が流行しているようです。

しかし、株価の動きを見ると、そうともいえない面もあることがわかると思います。つまり、長く保有すると利益がなくなり損失になる可能性が高いのです。それ故、利益の確保が早くなったりするのでしょう。

もちろん、投資教育の問題や手数料目当てということもあるんでしょうが、根本にはこんな投資環境が影響しているのではないでしょうか?